本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 症状別ご利用ガイド  > 言語発達が遅い子ども

ご利用案内

言語発達が遅い子ども

2歳までに意味のある言葉が出ない、あるいは3歳までに2語文が言えない場合は、言語の発達が遅いと言えます。しかし、中には3歳過ぎから急速に言葉が増えてくるお子さんもいます。
以下のような兆候があれば、小児神経科医にご相談下さい。

言語発達の遅れの兆候

タイプ1

一番心配なことは、聴力障害が原因での言葉の遅れです。
次のような兆候があれば、すぐに聴力検査をしてもらって下さい。

  • 小さな音への反応がよくない
  • ジェスチャーなど視覚的指示にはよく従う
  • 話しかけると話者の口元に注目し、聞き返しが多い

中耳炎を繰り返していると聴力が低下してくることがあります。

タイプ2

  • 言葉は出ていても、発音がおかしい
    (鼻に抜ける音、舌足らずな発音、サ行やラ行が他の音になってしまう)
  • 吃音が出る
など
年少のうちはよくある症状です。多くの場合、言語の発達に伴って発音は改善してくることが多いのですが、構音器官の形態異常の場合もあります。4歳になっても構音の異常や不明瞭さが改善しない場合には、言語聴覚士による評価、また、年齢によっては訓練が必要です。

タイプ3

意味のある言葉は出ていても、

  • 発語が一方的だったり、オウム返しばかり
  • 周囲に無関心で、呼びかけへの反応が乏しく、目が合いにくい
  • 特定の音や音楽やコマーシャルなどに敏感に反応する
など
このような兆候がある場合は、言語面だけでなく、発達のバランスに問題がある可能性が高いです。言語についてだけでなく、発達全体について評価し、家族や幼稚園などでの適切な配慮について考えていく必要があります。
当センターでは、これまでタイプ3の発達障害のお子さんについても外来診療をしてきましたが、受診希望者が多数いらっしゃるため、現在は基礎疾患や合併症がなく発達障害だけのお子さんの診療はおこなっていません。

お子様の言語発達に関するお問い合わせ

【お電話・FAXでのお問い合わせ】
電話:043-291-1831 (内線226)/担当:相談室

【メールでのお問い合わせ】
メールでのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」に、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.