本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 症状別ご利用ガイド  > 経口摂取がすすまない子ども

ご利用案内

経口摂取がすすまない子ども

経口摂取に関する悩み

経口摂取に関する相談はとても多いです。

  • 哺乳瓶や経管栄養から卒業したい
  • ペースト食やきざみ食から卒業したい
  • むせたり吐いたりしてしまう
  • 丸のみが気になる
など
しかし、それぞれのお子さんの抱えている問題とその原因は様々です。

経口摂取がすすまない原因

  • お子さんの生活リズムや呼吸機能や消化管機能に原因がある場合

  • お子さんの摂食機能がまだ未熟だったり、摂食機能に見合った食形態でなかったりする場合

  • 食事の姿勢や、スプーンの大きさ・形、一口量や食べさせるペースが不適切な場合

  • 味や形態の変化に過敏だったり、こだわりが強くて食事が進まない場合

など

それぞれのお子さんが抱えている問題点を多角的に評価し、それそれの課題に沿った訓練や指導を受けることが大切です。

詳しくはこちらをご覧ください


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


お子様の食事に関するお問い合わせ

摂食の相談を受けたい方は、初めに小児神経科を受診して下さい。

【お電話・FAXでのお問い合わせ】
電話:043-291-1831 (内線226)/担当:相談室

【メールでのお問い合わせ】
メールでのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」に、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.